基礎から学ぶサプリメントの摂取方法

サプリメントと女性

ビタミンやミネラルをサプリメント補給し、食事の摂り方を改善し、日常的にレジスタンス運動と有酸素運動をしていても、必ずしも、美容にとって万全というわけではありません。ここでは、自分の健康の弱点をきちんと改善して行くために、どのようにサプリの優先順位をつけていけばよいかアドバイスします。

ボディ メイクの改善が今ひとつのとき

●プロテインの摂り方とビタミン、ミネラルの摂取を見直しましょう。

きちんとプロテイン、ビタミン、ミネラルは摂れていますでしようか。新陳代謝は睡眠時に促進されますので、夕食時のビタミン摂取およびプロテインの摂取を増量してみましょう。プロテインの摂取量を体重の10分の1グラムで摂取してきた方は、その量を2倍にし、朝と夕に分けて摂ることをおすすめします。

ビタミンは、ビタミンB群ビタミンCをもう一粒ずつ追加してみましょう。そしてきちんとレジスタンス運動の1日に行う回数を倍に増やしてみましょう。食事では、ご飯+大豆製品(豆腐、納豆など)の頻度を増やし、魚類、肉類、卵製品、乳製品を魚を中心に毎日とるよう心がけましょう。細胞の若返りアイテムとしては、核酸(109頁参照)があります。ダイエットのアイテムとしては、ダイエットサプリメントを利用しましょう。

②エネルギーメイクの改善が今ひとつのとき

●きちんとご飯から糖質を摂っているか

ビタミンB群とCを朝タしっかリ每日摂れているかチェックしてください。通常量で効果が出ない場合はB群とCを一粒ずつ追加してみてください。朝夕摂取している方は朝食時に増量分追加します。

①のボディメイクもうまくいっていないときにはまず①のポディメイクを優先して改善に取り組んでください。その上で有酸素運動の頻度を徐々に増やしていきましょう

③メンタルメイクの改善が今ひとつのとき

●精神面の安定には栄養素としては糖の十分な摂取

タンパクのアミノ酸の十分な摂取。ビタミンやミネラルの十分な摂取が不欠です。その上できちんとしたレジスタンス運動有酸素運動に加えできればスポーツにチャレンジしてみましょう。

それでも不安定ならば、メンタルビタミンであるビタミンB群を一粒追加しプロテインを倍量にして朝夕に分けカルシウムを一粒追加して朝タに摂取してみましょう。ストレスがなかなか解消できない場合はビタミンCを増量し。朝昼夕食時に摂るよう心がけましょう。鎮静効果のあるアイテムとしてはカモミール(があります。

④ライフメイクの改善が今ひとつのとき

心身共にいい状態によりもたらされる生活面の改善で。①2③がうまくいっていることが前提条件となります。まずⓛ②③がうまくいっていなければ、その改善が優先されます。和食と優先順位1と2の6つのアイテムをしっかり摂ったうえで、きちんとレジスタンス運動、有酸素運動をすることが改善のきっかけになります。

健脳作用のあるアイテムとしてはレシチン、イチョウ葉エキスなどがあります

⑤ヘルスアップチェックの状態が今ひとつのとき

●疾病のコントロールが改善していくにはかなりの時間がかかると心得て対処してください。

しかし、あきらめずにきちんとした代謝を作ってキープしていきますと、徐々に結果が出てくる方が多いようです。きちんとした新陳代謝、エネルギー代謝、精神代謝の継続が私たちの体や精神、生活人生に与えてくれる影響は計り知れないものがあります。なかなか改善度が上がらなくても諦めずに頑張りましょう。

オプショナル・サプリメントのトッピングとしては以下のものがあります
エキネシア、カテキン、クロレラ、ローヤルゼリー、プロポリス、キチン・キトサン、アロエ、ウコン、シャンピニオン、エキス、その他にインフラポン、セントジョーンズウォート、靈芝、アガリスクバレリアンなどがあります。

症状別サプリメント補給法

supli_vitamine

これまで述べたサプリメントの補給法を行ったにもかかわらず症状が改善されない場合に効果的なサプリメントの追加すると改善に役立つことがあります。

●アレルギー体質、アレルギー症状が続くアレルギー体質を根本的に変えるためには栄養療法でなければむずかしいでしょう。でもできる範囲で効果なサプリメントを摂る方法はありますまずサラダ油の摂取量を減らしたうえでサプリメントではEPA、DHA(オメガ3)、油では亜麻仁油、シソ油などオメガ3系の油を多めにとります。

またビタミンB群(Buビオチンを含む)の摂取も増やしましょう。それにプラスしてイチウをトッピングしてもよいでしょう。

●飲酒の害を減らすアルコールの代謝にビタミンB群とビタミンCが大量に使われますBコンプレックスとビタミンCは飲酒の前後に1個ずつ觀しておきましょう。日酔いもある程度おさまります。

●風邪をひきそうひいてしまった風邪薬を服用していても基本的にはビタミンの摂取量は増やしましょう。特にビタミンCは朝、昼、ダ寝る前と1日4回定期的149に500mgずつ補給してみましょう。免疫を高める作用も持つCですから、風邪をひいたときに2000g近く補給してもよいでしょう。お腹の調子が悪いときは一時的にファイバー(食物繊維)の摂取量を減らします。ハーブを使うのならエキネシアがおすすめです。メーカーのおすすめ量を1〜2週間続けて毎日補給してみましょう。熱があるときは、発汗をともないますので電解質入りのスポーツドリンクを補給しましょう。お茶やお水ばかりでは“脱水を助長してしまう可能性がありますので注意してください。

●肩こりの悩み疲労物質を取り除くビタミンB群、ビタミンC.ミネラルではカルシウムマグネシウムが効果的です。また血行をよくするピタミンEやイチョウ葉エキスも改善効果に役に立ちます。

●季節の変わりめに体調をこわすガーリックやエキネシアを前もって補給してみましょう。摂取量はメーカーのおすすめ量に従います。●喫煙の害を減らすマルチ・カロチンとビタミンCを多めに補給しましょう。どちらも上限は決められていない安全なビタミンですので、メーカーがすすめる倍量を保健量の範囲内で摂ることをおすすめします。

●緊張するときの対処法スポーツの試合、試験、音楽の発表会、ゴルフのパッティングなど一世一代をかけた大勝負ということが、人生には何度かあります。そのようなときの精神的緊張や集中力は、大きなストレスになると予測されます。前もってビタミンB群やカルシウムなどの鎮静効果のあるサプリメントと抗ストレスビタミンであるビタミンCを補給してみましょう。上がりやすい方は、特にハーブのカモミールなども補給してみましょう。

●血圧が高い血管を拡張して血圧を下げる効果が期待できるのは、ビタミンEとレシチンです。ハーブではイチョウ葉がおすすめです。

●血糖値のコントロールが悪いビタミンB群、ビタミンC、ミネラルのクロムを多めに補給しましょう。

●下痢が続いている下痢のときはファイバー(食物繊維)とビタミンCはひかえめにしましょう。脱水を起こさないように電解質入りスポーツドリンクで水分補給することを忘れないようにします。

●更年期障害ビタミンEが重要です。ホルモンバランスの改善にビタミンCも多めにトッピングしましょう。精神的に不安定なら、ビタミンB群を少し増やしてみるのもよいでしょう。

●コレステロール値が高い高コレステロール血症にはEPA-DHA、レシチン、ファイバー(食物繊維)、ビタミンE.ビタミンCのパランスのよい摂取が大切です。

●ストレスを強く感じるストレスを強く感じるときは、抗ストレスビタミンであるビタミンCやフランスで血液循環を改善する薬として認められているイチョウ葉エキスも有効です。末梢血管を拡張するビタミンEも積極的に摂るようにしましょう。

●二日酔い→飲酒の害を減らす

●不眠の悩み眠れない

●便秘が続いているファイバー(食物繊維)とビタミンCの摂取量は増やしそれでもダメなときはオリゴ糖を使用しましょう。オリーブオイルを毎日小さじ1杯摂ってみるのも効果があります。安易に下剤を使うと、ミネラル不足を招きますので注意が必要です。

サプリだけで美容が改善されないのなら

医薬部外品の化粧品などを併用してケアしましょう。スキンケアについては以下のサイトを参照してください。

乾燥肌や保湿を求める女性には
ライスフォース公式

シミやくすみに悩む女性には
アンプルール トライアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする