ビタミンKは骨粗鬆症の予防と改善にも有効

ビタミンKの特徴

ビタミンKは、血液の凝固(かたまらせる)因子の補酵素(働きを助ける)で、ビタミンKが足りないと出血しやすくなります。鼻血などが出やすくなり、出血が止まりにくくなります。腸内の細菌叢で合成されますので、まず不足することはありません。しかし生まれたばかりの赤ちゃんは腸内細菌がいないので不足しやすく、ごくまれに消化管出血を起こすことがあります。これを新生児メレナと言います。

ビタミンKは骨粗鬆症の予防と改善にも有効です。骨の70%はタンパク質でできていますが、このタンパク質合成に、ビタミンKは不可欠なのです。ビタミンDと同様、薬として病院で処方される場合もあります。腸内細菌を殺してしまう抗生物質を長期に服用している方は、ピタミンKが不足する可能性がありますので、注意が必要です。

また、ワーファリンなどの抗凝固剤(血液が固まらないようにする薬)を服用している方は、その働きを弱めるビタミンKの摂取はひかえてください。

ビタミンKの上手な摂り方

ビタミンK単一サプリメントはないので、総合ビタミンなどを活用しましょう。新生児のビタミンK不足には、シロップのビタミンKがあります。

ビタミンKの欠乏症

ビタミンKが不足すると脂肪性下痢や脂肪便症を起こしやすくなす。

ビタミンKを多く含む食べ物

納豆ホウレンソヴ小松菜、春菊ニンジンパセリ、レパー!チーズなど

ビタミン類は、老化や成人病の原因として話題になっている活性酸素を退治する働きにも優れています。活性酸素は呼吸によって体内に取り込まれた酸素が、何らかの炎症や急激な血流の変化によって酸化されたときに発生する毒性の強い物質です。
活性酸素は遺伝子や細胞そのものを傷つけ、成人病や老化を促進させます活性酸素と体内で戦って退治する物質を「スカベンジャー」と呼んでいますが、その代表がビタミンB2、C、E、βカロチンなどです。個々のビタミンを利用するより、「マルチビタミン」として同時に摂取したほうが、パワーも何倍にもなることがわかっていますので、ビタミンは総合的にまとめて摂取するようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする