ビタミンAは体の発育やお肌と目の健康に欠かせない

ビタミンAの特徴

ビタミンAは動物性の食べ物に多く含まれていて、脂溶性(脂に溶ける)のビタミンに分類されます。体の発育や目と皮膚の健康に欠かせないビタミンで、免疫が病気を防ぐを機能を保つのにも役立っています。

ビタミンAとほぼ同じ働きをするのが、緑黄色野菜(ニンジンカボチャ、ホウレンソウなど)に多く含まれているβカロチンです。βカロチンは、一度肝臓に蓄えられてから必要な分だけ小腸でピタミンAに変化します。そこでプロビタミンA(ビタミンAの前駆体)とも呼ばれます。

βカロチンは、ビタミンAに変わるもの以外はそのままのかたちで吸収され、βカロチン独自の健康効果をもたらします。特にがんを抑制する働き(がん等を起こす有害な活性酸素を退治するなど)があります。
「口内炎ができやすい」「胃腸が弱い」「痔や魚の目ができやすい」「目が疲れやすい」という方は、βカロチンを補給することで予防効果が期待できます。

ビタミンAの上手な摂り方

サプリメントでビタミンAの単品があるメーカーはほとんどありません。その理由は、ビタミンAそのものは脂溶性ビタミンであるにもかかわらず、体内での貯蔵ができないからです。

ビタミンAよりも抗酸化作用が強く、なおかつ貯蔵が効き、必要に応じてビタミンAに変換可能なビタミンA前駆体のβカロチンを使うほうが安全だからです。しかしこの場合、他のカロチン類も混合されている「ミックスカロチン」があればなおベターと言えるでしょう。

もしビタミンAの単品を摂る場合は、注意書きをよく読んで摂取しましょう。βカロチンやマルチカロチンは体に蓄えられて、必要に応じてピタミンAに変換されます。過剰症の心配もありませんので1日1回で摂ることをおすすめします。

ビタミンA補給時の注意点

サプリメントを補給しているのに手が黄色い、頭が重く、全身がだるいなどの症状でサプリメントの効果を感じられない場合は、βカロチンやビタミンAの過剰摂取を疑い、お休みしてみてください。症状がなくなりましたら、いままでより少ない量から再開してみましょう。

ビタミンAの欠乏症

夜盲症(鳥目。暗い所で目が見えにくくなる)、粘膜が炎症を起こしやすくなる、皮膚が荒れてひび割れる、など

ビタミンAを多く含む食べ物

レバー、ウナギ、パター、肝油、卵巣など

参考サイト:厚生労働省

ビタミンAの特徴

ビタミンAは動物性の食べ物に多く含まれていて、脂溶性(脂に溶ける)のビタミンに分類されます。体の発育や目と皮膚の健康に欠かせないビタミンで、免疫が病気を防ぐを機能を保つのにも役立っています。

ビタミンAとほぼ同じ働きをするのが、緑黄色野菜(ニンジンカボチャ、ホウレンソウなど)に多く含まれているβカロチンです。βカロチンは、一度肝臓に蓄えられてから必要な分だけ小腸でピタミンAに変化します。そこでプロビタミンA(ビタミンAの前駆体)とも呼ばれます。

βカロチンは、ビタミンAに変わるもの以外はそのままのかたちで吸収され、βカロチン独自の健康効果をもたらします。特にがんを抑制する働き(がん等を起こす有害な活性酸素を退治するなど)があります。
「口内炎ができやすい」「胃腸が弱い」「痔や魚の目ができやすい」「目が疲れやすい」という方は、βカロチンを補給することで予防効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする